家庭教師経験10年以上の私がもし子供をもつ親で、子供のために家庭教師仲介派遣会社と訪問型の家庭教師を利用するなら、何を見て決めるか考えてみた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

体験指導が必ずある、家庭教師仲介派遣会社を必ず選ぶべき!

私は大学時代も合わせると、家庭教師のキャリアは10年以上あり、現在もいくつかの家庭教師仲介派遣会社にお世話になっております。
そこで私が生徒さんの親御さん目線で考えた時、どのような家庭教師仲介派遣会社を選び(利用する場合)、どのような家庭教師を雇うか考えてみました。
まず最初すぐに頭に浮かぶのは、体験指導できる家庭教師仲介派遣会社は絶対でしょう。
ここについての理由は、あたりまえだと思いますが、大きなミスマッチをおこさないためです。
現在の家庭教師仲介派遣会社の多くは、その点においてはほとんどクリアできているのかなと思いますが、体験指導すらない家庭教師仲介派遣会社はリスクが高いのでくれぐれも注意しましょう!

体験指導で訪問してきた家庭教師に、家庭教師をする目的と生徒さん指導後の報告を聞いてみる!

ここからが特に私の経験からのオリジナルアドバイスになりますが、例えば大学生でも社会人の家庭教師どちらでも親御さんと生徒さんがも良い場合とした時に、その派遣されてきた家庭教師がはっきりと目的をもって、家庭教師の仕事をするかどうかを直接的でなくても間接的にでもよいので、かならず体験指導で聞いてみてください。
特に注意が必要なのは一概には言えませんが、大学生で自分のお小遣い稼ぎだけ(=娯楽費だけ)が目的で、実家から大学に通っている家庭教師は、あまり良くないかもしれません。
単純に仕事に対する本気度が低いためです。
大学生でも社会人の家庭教師どちらでも例えば、将来教員、塾講師になりたい、教育分野に関心がある、生活していくためにお金を稼がなければならないなど、責任を持って仕事に取り組んでくれるかが、とても大事になります。
そこで責任という言葉をキーワードに生徒さんの指導後、家庭教師が誠実に親御さんに報告をしっかりするかどうかもとても大事になります。
話の上手さではなく、責任をしっかり持って生徒さんと向き合って仕事に取り組んでくれそうな家庭教師かというところを注意してみる
とよいでしょう。

教材がなかったり、教材をすすめてこない家庭教師仲介派遣会社がよい!

現在はほとんどないかもしれませんが、教材を必ず買わないと家庭教師を派遣できないような、家庭教師仲介派遣会社は絶対やめた方が良いです!
そのような教材はだいたい高額なことが多く、いくらオリジナルな教材で効率が良いと家庭教師仲介派遣会社の方にセールストークをされても、コストパフォーマンスが悪すぎます。
難関中学・高校・大学を目的とするような大手塾や予備校の入試対策の教材でなければ、市販の教材でも全然問題ないでしょう!
それと教材を買うか買わないか選択権のある家庭教師仲介派遣会社もあると思いますが、そのような場合も基本、教材は買わずに担当になった家庭教師と相談しながら少しずつ市販の教材で決めていく方がリスクはありませんよ。

体験指導が良くて家庭教師が決まったら、その後もう一ヶ月間、家庭教師仲介派遣会社と家庭教師の様子を見る!

体験指導に訪問してきた家庭教師がよさそうで、本格的な指導が始まったら、もう一ヶ月間様子を見てください。
家庭教師は訪問するので、引き続き親御さんに生徒さんの指導後の報告をしっかりしてくれるかどうか責任感があるかというところをよく見るのと、生徒さんとの相性については直接生徒さんによく聞いてみましょう。
家庭教師仲介派遣会社についても、家庭教師が決定後の一ヶ月の間にしっかり連絡が来たり、質問やご相談に答えてくれるかどうかをチェックしましょう。
体験指導後、一度も家庭教師仲介派遣会社から連絡がこない場合は、考え直した方がよいでしょう!
家庭教師仲介派遣会社に仲介料を親御さんは毎月払っていると思いますので、学習サポートのサービスをマメにしてくれるのかということを見るためです。
家庭教師はとてもよいのだけれど、家庭教師仲介派遣会社が悪い場合は、仲介料分を払ってでも、その家庭教師がよいのであれば続けるのはありだと思います。
ビジネスの基本でよく言われる、報告・連絡・相談のホウレンソウが、家庭教師仲介派遣会社と訪問する家庭教師、両者どちらもしてくれるようなところを、もし私が親だったら、子供のために選ぶでしょう!
ぜひご参考になっていただけたら幸いでございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする