これから学習支援・サポートする側の役割とは

スポンサーリンク
スポンサーリンク

インターネット上にある情報で勉強ができる

以前の記事でも紹介していますが、
場所を選ばずに、もう学びはできる
私が中学、高校生の時に比べ、
現在はYouTube、アプリ、ウェブサイト、yahoo知恵袋など、
インターネット上にたくさんの学習情報があり、
教科書、ワークのように学ぶことができます。
パソコンを持ち、インターネットがつながる環境と工夫さえすれば、
教材を買わなくても勉強ができる時代になっています。

塾講師、家庭教師の将来の役割とは

塾講師、家庭教師といった学校の勉強の補習、中学高校大学受験の試験の学習支援・サポートする側の役割は、
これから変わっていくのではないかと思います。
例えば学習支援・サポートするにあたり、
さきほど説明するよう
学習情報はインターネット上であふれているため、
教えることは少なくなってきているからです。
そのため、塾講師、家庭教師は減っていくのでしょうか?
それもありえなくもありませんが。。。(泣)

生徒さんのプロデューサー、マネージャー、コーチ?

これから塾講師、家庭教師が重要なのは
生徒さんの勉強との向き合い方を伝えたり、勉強の意欲を高めたり(コーチング)、計画を考えたり(スケジューリング)、
あふれているインターネットの情報をどう適切に利用するか(情報リテラシー)など、
本来の学校と受験の勉強を教える側面はアドバイス程度で、
むしろ生徒さんをプロデュースするような面の指導がとても重要になっていくのではと考えています。
塾講師、家庭教師のような学習支援者は
生徒さんのプロデューサー、マネージャー、コーチのような役割に変わっていくでしょう。

アウトプット教育を教えるのも重要なのでは

さらに本来の学校と受験の勉強を教えるための時間よりも、
アイデアを出す方法などアウトプット教育を教えたりすることができたら
とても良いのではと個人的には考えています。
アイデア学習の重要性
アイデア学習の重要性・その2
しかし、教えられる先生が今は少ないでしょう。
なので私はアウトプット教育の学習支援・サポートができるよう頑張ります。(なんの宣言だ。。。笑)

昔ながらの、もともとの学校と受験の勉強も
本来は考える力、自分を律する力、頭を柔らかくさせる力など、
それぞれちゃんと意味があったとは思いますが、
勉強する意味
「偏差値」という言葉に踊らされ
極端なインプット教育に偏りすぎて、
これからの時代に合わない学習バランスの悪い状況になっています。
偏差値の高低で頭の良さは決めてはいけない
なので、塾講師、家庭教師は役割が変わっていくでしょう。
もう一度伝えますが、私は頑張ります笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする