【近未来】ゲームプログラマー(ゲームクリエイター)になるために、必要な力をつける方法とは

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゲームが大好きなら、考える将来の職業

最近、ゲームを作りたい、ゲームプログラマー(ゲームクリエイター)になりたいという生徒さんが増えています。以前そのような興味をもっていた生徒さんに聞かれ(5年前くらい)、どのような勉強をすれば良いか調べていった情報もふまえてを紹介します。ただ、最近はクリックアンドドロップが多く、プログラミング言語があまりわからなくても、ゲームが作れちゃうものも増えてきました。ただ本気でゲームプログラマー(ゲームクリエイター)になりたいならプログラミング言語もしっかり学ぶ必要があるでしょう。

ゲームクリエイターになるには Career Garden

ゲームを作る方法に、どんなわかりやすい情報があるか

少し毛色は違いますが、私も以前、ウェブサイト制作の専門学校に通っていたときに、Flashというアプリを使って、シュールギャグゲームという名の作品を学校の先生のサポートも借りながら1つ作ったことがあります。ちなみにこのようなものです。(*PC対応、Flash搭載のものでないとうまく表示されません)
鼻ゲ~
これはさておき苦笑・・・

現在どのようなゲームがあって、どのようにゲームを作る方法があるか調べてみました。今回はゲーム制作のゲーム開発の部分にあたるゲームプログラマーに特に着目しながら情報を集めてみました。
【最新版】初心者必読!ゲーム制作プログラミング言語おすすめ5選
ゲームクリエイターになるために勉強すること Career Garden
初心者が1日で恋愛ゲームアプリを開発してみた 株式会社LIGブログ
【前編】ゲームアプリ開発で知っておきたいジャンル別の制作難易度 株式会社ソニックムーブブログ
【後編】ゲームアプリ開発で知っておきたいジャンル別の制作難易度 株式会社ソニックムーブブログ
ゲーム好き、ゲームプログラマー(ゲームクリエイター)になりたい方にとっては、とてもワクワクするような情報だと思います。このような情報をみていくと、パソコンアレルギーがなく簡単なゲームであれば、プログラミング知識がなくても作れそうな気もします。ただ、一筋縄にはいかないのがゲーム開発の現実かもしれません。やはり、プログラミング言語の知識が土台にきちんとあったら、理屈もわかり、将来の仕事としての能力もしっかり身につくのではないでしょうか。

ゲームを作るには、なにから手をつければよいか

私は以前(約5年前)、ゲームプログラマーに興味をもった、高校生の生徒さんにこちらの情報を紹介しました。現在はウェブサイト制作の専門学校卒業後、ゲームプログラマーにはなりませんでしたが、ウェブサイト制作関係の仕事をしているそうです。




初心者のためのポイント学習C言語
Unityで超入門3Dゲームを作ってみる 株式会社ソニックムーブブログ

ゲームプログラミングに関わらず、C言語はプログラミングの基本と言われているため、プログラミングの原理を理解するためにも入門の情報をすすめました。ただ、深く勉強するのはあまりよくないということも言われています。
JavaとC言語、プログラミング初心者にオススメできない7つの理由 侍エンジニア塾ブログ

最近はスマートフォンのアプリがとっつきやすいので、こちらのような情報も参考にすると、とても良いのではないでしょうか。
アプリ開発初心者がiPhoneアプリ自作開発に挑戦「ジャンケンアプリ編」 CREATIVE VILLAGEブログ
【ゼロから作る!】初心者から始めるAndroidアプリ開発の開発手順とは TechAcademyマガジン

さらにウェブサイト制作で使う言語の、HTML5を使ってもゲーム開発ができます。HTMLは英語の文法のように必要なルールを覚えたら、とてもとっつきやすいプログラミング言語となっております。(*ゲーム開発するにはHTML5だけでなく、Javascriptというプログラミング言語も必要にはなりますが、プログラミング言語の中でかなり、とっつきやすい)
HTML5でiPhoneアプリを作ってみた ASCII.jp×WEB PROFESSIONAL記事

実際に作ってみよう

ゲーム・アプリ開発のために必要なプログラミング言語学習の情報はインターネット上に、とてもたくさんあります。有益な情報がたくさんあり、ゲームプログラマー(ゲームクリエイター)になりたい方にとっては宝のようなものです。独学でも決して不可能ではありません。ただ、インターネット上にある有益な情報を適切につかみとる力が必要でしょう。私はゲームプログラムに関しては詳しくはありませんが、ウェブサイト制作の勉強をしているなかで伝えられることはあります。ホームページを作るために必要最小限のHTML、CSSのプログラミング言語の知識を身につけたら、とにかく実際に試行錯誤でホームページを作りながら覚えていきました。あるいは最近はホームページもプログラミング言語不要で制作する方法もあるため、ゲームも同様にそのようなプログラミング言語をなるべく使わないですむ方法から勉強に入り、同時に実際に必要なプログラミング言語を学んでいく方法もよいのではないでしょうか。
超簡単にスマホアプリが作れてしまうツール10選 Tech2GOブログ
ゲームアプリ開発に使える開発ツール4選! プロスタブログ

プログラミング言語を学ぶ上でオススメの動画にドットインストールというウェブサイトがあります。本格的に学ぶにあたり、こちらで学んでいくのもありかと思います。2020年からプログラミング教育が必修化となり、とても小さいうちから、プログラミングの考え方を学んでいきますし、今回紹介した実際のゲーム開発を職業とする、ゲームプログラマー(ゲームクリエイター)の需要はますます増えていくでしょう。興味をもった方は、トライアンドエラー(試行錯誤)を繰り返し頑張ってくださいね。今後プログラミング教育についても、後日考えてみようと思います。
「プログラミング教育」必修化の3大勘違い! 誰もが思い込みがちな間違いとは? AERA dot.記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする